マッチングアプリは安全?理想のパートナーと出会えるおすすめ15選

すぐに自分にあったマッチングアプリを調べるならこちら

・「マッチングアプリで生涯のパートナーと出会えるの?」

・「安全に自分の価値観とあう異性と出会うにはどうしたらいいの?」

・「自分の理想のパートナーと出会うためにはどのアプリがおすすめなの?」  

 

人生のなかで、大切な決断の一つでもある恋活・婚活。 ひょっとすると、人生における大部分を一緒に過ごすことになるパートナー。  

そんな大切なパートナーをマッチングアプリを使って選んでも本当に大丈夫なのか?

 

この記事を読んで頂けると、大切な決断をマッチングアプリで決めることに対する違和感が払拭されることでしょう。  

なぜなら、マッチングアプリと検索される人たちが抱える悩みやモヤモヤの多くを取り上げて、その疑問にお答えしていくからです。

 

この記事では、「本当に恋活・婚活出来るのか?」、「彼氏・彼女、将来の伴侶と出会えるのか?」と悩んでいた人間が実際にパートナーを見つけた思考方法についても語られています。

・・・というわけで、こんにちは。

主に関東と関西でWEB制作およびマーケティング会社の代表を務め、マーケティングの視点を入れながら、マッチングアプリを使ってきたNiceMatch編集部の松尾です。

松尾
先ほど「仕事が忙しくて、あまり出会いがない」、「価値観の合う異性がなかなかいない」と悩んでいた人間、それ、私なんです。今回の記事をお読み頂く前に少し私の話をさせてください。(結構ネガティブな話なので、読みたくない方は読み飛ばしてくださいね。)

私は過去新卒で教師をやっていました。毎日のように学校の授業の準備や部活動の指導などで、プライベートな時間はほとんどありませんでした。

その後、マーケティングの会社に転職をしていたのですが、こちらも朝の8時から夜の24時くらいまで毎日のように働いていました。  

 

休日もあったものの、何か習い事をしたりするくらいの余裕もなく、彼女を作る以前の問題に、忙しくて彼女と出会うきっかけさえ作れずにいました。

お見合いパーティや街コンも行ったことがありましたが、高すぎる割に誰とも連絡先を交換出来ず、当分、恋愛は無理だなと感じていたのです。  

そんな、ある日、当時一緒に働いていた友人に「マッチングアプリで出会った彼女と、今日はお泊りなんだ」と友人に言われました。  

 

「マッチングアプリ?」  

 

私はもともと「超」がつくほどの常識に凝り固まった考え方を持っていて、ネットで出会うことに嫌悪感を抱いていました。  

 

けれども、友達の言葉にちょっと引っかかるところがあり、「そもそも使ってもみないでそのように罵るのはいかがなものか」と思って、一番会員数が多いと言われるPairsに登録してみたのです。

すると、6ヶ月目には、タイプの女性とお付き合いすることが出来るようになったのです。  

 

しかし、最初は本当に使い方がわからず、色々とトラブルがあり、マッチングアプリに対して疑心暗記になりました。  

  • 「いいね」を送っても一向に相手にいいねを返してもらえない
  • メッセージの返信が返ってこない
  • 実際に会ってみると顔写真と違う

などです。  

 

実際にマッチングアプリを利用した人たちにアンケートやインタビューをしたのですが、下記のような悩みを抱えた人たちは多いです。 こんなことからマッチングアプリに対してネガティブな声もあって、使うかどうか迷われている方もいらっしゃると思います。  

しかし、こんな問題はあるものの、ある3つのことに気づいたおかげで、比較的好みの異性と出会えるようになりました。  

  1. 希望の人物像を明確にしてアプローチする
  2. 自己中心にならず、相互理解に務める
  3. 相手に見合うように自分自身を磨く

すごくシンプルなことですが、この3つを意識することで、マッチングアプリで上手くいく確率が大きく上がりました。

最もこの部分がしっかりと出来ていないと、仮に付き合っていたとしても上手くいかなかったりします。  

 

実際に、私もアプリを使って過去に何名かと会っていますが、最初の方は長期間上手くいかないということも少なくありませんでした。

もちろん、上手く行って即結婚して理想の家庭を築くって方もいますが、現実には出会っても結婚まで発展しなかったり別れることもあります。  

 

なので、今回の記事では安易にマッチングアプリを肯定するつもりはありません。

松尾
確かに思うような異性と出会えたという人もいますが、現実にはなかなか違うとかと言って、7人、8人…と会っている人も少なくありません。

必ずしも全員がマッチングアプリで上手くいくわけでもなく、マッチングアプリの使い方を意識していないと、相性の良い人と出会えないのも事実です。  

仮にいいねがたくさんついてマッチング出来たとしても、良い人と巡り会えるかどうかは別問題ですし、普通の人はそんなにいいねが集まるわけでもないと思います。

 

ただ、人気会員にならなくても少ないいいね数で、相性が良い人と出会うことは可能です。  

 

なので、あくまでも少ないいいねであったとしても、自分と相性が良い人と出会うための使い方を見ていきます。

先ほどの3つの項目は実はマッチングアプリで良い人と出会うためのポイントになります。

 

今回の記事では、マッチングアプリを使ってあなたの相性の良い異性を見つけるための考え方をお伝えしていきます。

 

今回ご紹介する考え方を意識したら、なかなか良い人と出会えなかったという人でも、相性の良さそうな人と出会える確率を高めることが出来ると思います。 ぜひ最後までお読みください。  

なお、情報の信ぴょう性のため、ペアーズでご結婚されたブロガーのほしみみさんや、その他複数のメンバーも交えて、今回記事を執筆しています。

すぐに自分にあったマッチングアプリを調べるならこちら

↓実際の調査の様子

 

本記事の目次

(長いので気になる場所からお読みください。)

1. マッチングアプリとは?【データで解説】

2. マッチングアプリが安全・安心に使えると言える3つの理由

3. マッチングアプリに登録するときの注意点

4. マッチングアプリのプロフィールのコツ

5. マッチングアプリのいいねの送り方とマッチングのコツ

6. マッチングアプリのメッセージ交換のコツ

7. マッチングアプリで出会うデートのコツ

8. マッチングアプリで出会った異性に告白するコツ

9. 【図解で解説】目的別マッチングアプリおすすめ診断

10. おすすめのマッチングアプリ15選

11. 主要なおすすめマッチングアプリ比較

11. 身バレは?恥ずかしくない?おすすめプランは?同時併用ってあり?Q&A

12. 終わりに

 

1. マッチングアプリとは?【データで解説】

マッチングアプリとは、オンライン上でパートナーを見つけて、メッセージ交換を重ねて出会う恋活・婚活サービスです。

手順としては非常にシンプルな以下の8つのステップを踏みます。

 

1.1. 初めて出会うまで何日?期間内に出会える異性の平均は?彼氏彼女はいつできる?

ナイスマッチ編集部で、「初めて会えるまで何日くらいなのか」を調査したアンケートの結果は以下の通りです。

あんな
登録してから初めて出会えたのは、1ヶ月以内の人たちが約7割。1週間以内に出会えたという人たちは全体の2割なので、これは比較的高い数値かなと思います。

そして、「使っていた期間内に何人と出会えたのか」について、アンケートをとった結果、以下のようになりました。

松尾
約6割の人たちは期間内に3人以上出会えている一方で、14%の人たちは出会えていません。と言うことで、「本当に出会えるのか」と言えば、「出会える人もいるが、出会えない人たちもいる」と言うことになります。

そして、肝心なパートナーができるのかと言う部分についてアンケートをとった結果は以下の通りです。

あんな
全体の4割はマッチングアプリでパートナーが出来、逆に残りの6割は出来ていません。出来たものの別れてしまったと言う方が1割ほどいますが、これについてはリアルの出会いでも同様ですね。

「お付き合いに至る人と出会えたのはいつなのか」について調査すると、以下のような結果となりました。

松尾
お付き合いに発展しない人たちが6割いる一方で、約4割の人たちは6ヶ月以内にお付き合いに繋がる異性を見つけていることがわかります。ちなみに、アプリによってお付き合いへの発展のしやすさは変わるので、あくまで目安です。
 

1.2. マッチングアプリの満足度は高い

「ネットでの婚活は続かない!」と思われるかもしれませんが、マッチングアプリの満足度を調べてみたところ、以下のような結果になりました。

 

約65%の人たちが満足をして、残り35%はあまり満足をしていないという感じです。  

満足度の高い人の回答の中には「結婚できたから」、「コスパが良い」、「外国人とも出会えた」などの声がありました。

 

逆にネガティブなものは、「地域によってユーザーが少ない」、「ヤリモク」などのコメントがありました。

以下の図のように、全体的にコスパで考えても、「恋活・婚活ツール」としては良いことがわかります。

 

後、マッチングアプリを使って結婚をした既婚者に対した調査があったので紹介します。

 

日本一の会員数を誇るPairs(ペアーズ)を運営する株式会社エウレカと、中央大学の「日本の恋愛・結婚意識」に関する共同調査。

この調査の中では、「マッチングアプリ」で出会った夫婦が最も結婚生活満足度が高いという報告がなされています。

出典:「日本の恋愛・結婚意識」に関する共同調査

 

ちなみに、この調査は全国20歳以上の男女5,000人(独身者:2,500人、未婚者:2500人)を対象として行われていることから、信ぴょう性は高いかなと思います。

 

ということで、サービス自体の満足度、コスパ、結婚した後の満足度という観点ではそこまで心配する必要がないかなと考えられそうです。

とは言っても、ネットで出会うということについては、あまり良くないイメージもお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで、次からは安全に恋活・婚活することができるのか見ていきます。  

 

2. マッチングアプリが安全・安心に使えると言える3つの理由

ネットで出会うというのは、「怖い」、「怪しい」とか、「危険かも」などネガティブな意見をお持ちの方も少なくないと思います。アンケートでは約7割の方がマッチングアプリの出会いに抵抗があったと答えています。

 

ということで、このようなマッチングアプリに対する抵抗をなくすために、知っておきたいことをここからは紹介します。  

2.1. 今のマッチングアプリは安全であると言える3つの理由

最初に、マッチングアプリが安全であると言える理由は3つ紹介します。

理由その1:登録時の年齢確認や本人確認が徹底されている

マッチングアプリでは登録する際に、年齢確認・本人確認が徹底されています。(アプリの中には、運営者と会員の審査が必要なケースも) この確認では、パスポートや運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなどの身分証明証が必要です。

そういう意味では誰でも登録できるようなアプリよりも、安心と言えます。 例えば、出会い系アプリの一つであるTinder。

 

本来、異性とネットで出会うサービスを運営するには、インターネット異性紹介事業の届出が必要なのですが、Tinderはアメリカ発祥なので、国内法規が適用されていません。

あんな
つまり、年齢認証なども必要なく、誰でも登録できますので、危険な人物が紛れる可能性が高いのです。

一方で、今ある程度会員数のあるマッチングアプリの多くは、年齢確認、本人確認が行われているので、その点は安心です。

理由その2:サクラゼロ宣言がなされている

今日本で主要なマッチングアプリの多くは、サクラゼロを宣言しているものが多いです。

(新しくリリースされたばかりのものは怪しいですが…)

 

ペアーズやOmiaiのような歴史と実績のあるアプリでも、「サクラがいる」と口コミに書かれることがあります。

・無料会員の時にいいねをされて、登録したら退会された ・全然マッチングしない ・全然、メッセージ交換できない

このようなことが起きて、サクラがいるのではないかと思われるかもしれませんが、マーケティングの仕事に携わっている私の実体験では、そのようなリスクのある行動をとるとは考えにくいです。

 

今はSNSでそのような悪評は一気に拡散されます。

ですので、そのようなリスクを犯してまで信頼を崩すかと言えば、それは考えにくいというわけです。

仮にサクラばかり使っていたら、出会えない人が続出。

松尾
そうなるとアプリの評判はがた落ちになって、短期的に見たら、確かに売上は上がるかもしれませんが、継続的な事業にはなりません。

そういう意味でもサクラがいるという可能性は考えにくいです。

理由その3:安全に使えるような仕組みがある

3つ目に、マッチングアプリでは安全に使えるように、ほとんどのアプリで、相手に自分を二度と表示させないブロック機能や、相手から見えなくする非表示機能がついています。

また、万が一何かあった時には通報するということも可能です。

運営陣が事実確認をして認めたものに関しては強制退会をするケースもあります。  

他にもFacebook連動機能で、業者がアカウントを量産するのを防いだり、24時間365日の監視体制、不正ユーザーの排除。

健全な運営を行なっている企業しか入れないMSPJ(結婚・婚活応援プロジェクト)に加入するなど。

あんな
さらに、アプリによっては、イエローカードで変な行動をとったユーザーがわかる仕組みを採用するアプリもあります。

多くのマッチングアプリの運営会社が健全な運営を務めています。

松尾
ということで、以上の3つの観点からマッチングアプリは安全であると言えると考えられます。

2.2. 出会い系アプリとマッチングアプリの違い

では、もう少し具体的に、出会い系と、恋活・婚活ツールとしてのマッチングアプリとは何が違うのでしょうか?

健全でない悪質な出会い系アプリとマッチングアプリの違いを比較してみました。

項目 マッチングアプリ 悪質な出会い系アプリ
身分証明証の確認 年齢確認や会員の審査 なし
パトロール 24時間365日の監視体制 なし
サクラ いない いる
業者 少ない 多い
セフレ目的の人 禁止している 多い
支払い方法 月額制 ポイント制
再登録 一定期間できない すぐできる

※アプリによって例外があります

もちろん、出会い系アプリでも「身分証明書の提示をしないと登録できない」、「24時間365日パトロールを実施」など真っ当に運営しているところもあるので、全てを悪いとは言いません。

ただ、やはり、業者やヤリモクが多い傾向があるのは事実です。

 

実際に、私も累計会員数が2000万人のハッピーメールで異性からメッセージが届き、プロフィールを開こうとしたら以下のような画面が表示されました。

もちろん、出会える方もいるので、「出会えない」ってことはないと思います。

とは言っても、恋活や婚活をまともにしたい方に自信を持っておすすめは出来ません。

 

ちなみに、マッチングアプリにも業者も紛れていますが、恋活・婚活色を表に出しているので、ちゃんと恋活・婚活したい人と出会うならマッチングアプリという感じです。

出会い系アプリには以下のようなものがあります。

Tinder / ハッピーメール / PCMAX / YYC / ワクワクメール / ASOBO / 華の会 / 華恋 / Candy / thumbuddy / Jメール / facetap / FAMU / LINGO / twoface / Fester / atomo / talk with / スイートメモリー2 / など

 

2.3. 怪しい危険人物・要注意人物と対処法

最初に解説したように、運営会社は必死で健全な運営を心がけています。 とは言っても、本来の規約を無視して不正にアプリを利用する危険人物もいます。  

アンケート調査では、業者に出会った人たちは1割、業者もどきが3割という結果になりました。

なお、スマートフォンを所有する20歳~49歳の男女1,179人を対象にしたMMD研究所の「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」。

この中では、マッチングサービス・アプリでのトラブル経験を聞いたところ、男性の49.1%、女性の50.9%がトラブルを経験したと回答しています。

(出典:MMD研究所 「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」より)

松尾
私も、実は本来マッチングアプリではやってはいけない方法でアプリを使う良からぬ人たちと出会い時間を無駄にした経験があります。

私が実施した100人のアンケート結果および、「Yahoo!知恵袋」や「教えて!Goo」、マッチングアプリの書籍などから明らかになったマッチングアプリの要注意人物は以下の通りです。

 

 

中には本当にいるのって思われるようなものもありますが、調べまくると美人局の被害にあったりした人もいるようです。

このような悪い人たちに捕まらないためにできることとしては、下記のチェックリストを参考にしてください。

すぐに自分にあったマッチングアプリを調べるならこちら

3. マッチングアプリに登録するときの注意点

登録方法はマッチングアプリによっても異なりますが、

  • Facebook
  • メールアドレス
  • twitter
  • 電話番号(SMS)

などの方法があります。  

あんな
この中でもおすすめの方法は、Facebookです。Facebook連動型の場合は友達に表示されないからです。(一部例外あり)
ただし、Facebook登録の場合には、友達が10人以上、設定で既婚・交際中になっていないなどの一部の条件を満たさないと登録できません。

そのあとに、本人確認と年齢確認があります。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード

など、アプリによって使えるものが異なるので、注意してください。

 

なお、この際に顔写真がしっかりと掲載されていないと登録できないアプリ、逆に、一部ぼかしても良いアプリがあります。

ちなみに、以下のアプリは顔写真もしっかりとチェックされるので、もしも顔写真がバレるのが嫌と言う方は注意してください。(ただ、顔写真の掲載率が高いと言うメリットはあります。)  

with イヴイヴ ゼクシィ縁結び 東カレデート

 

4. マッチングアプリのプロフィールのコツ

では、ここから出会える確率を高めるためのプロフィールの作り方について解説します。

4.1. 最初にプロフィールづくりで意識すべき3つのポイント

ここからいいねとか色々とポイントを紹介するのですけど、再度、これが前提になります。

ここで注意をして頂きたいのは、「全員からいいねをもらう必要はない」ということです。

 

良く日本一いいねをもらった人って形で自慢している人いますけど、そんなの必要なくてw

いくらいいねが多くても価値観の違う人と出会っても仕方ないですからね。

 

ポイントは何かと申し上げると、希望の人物像を明確にしてアプローチするです。

どういう人をあなたが落としたいのかってところですね。

男性の場合、1ヶ月に送れるいいねの数とかもそこまで多くないですし、どういう人にアプローチするのか、そして、そのためには何をしたらいいのかを考えることがとても大切です。

 

これを元にプロフィールを埋めていきます。

 

4.2. 写真はないよりはある方が良い!好感度の高い写真の特徴

マッチングアプリが初めての方の場合、一番気になる部分は「そもそも自分の顔写真を掲載しないといけないのか」というところ。

実際に、顔写真なしでもマッチングアプリで出会えたのかを尋ねたアンケート調査では、3割の人たちが「顔写真なし」でも出会えたと言っています。

 

とは言っても、全体の9割の人たちはあった方が良いと答えているので、出来たら掲載した方がいいです。

 

松尾
私も、顔写真の掲載がない人とは会いませんでした。
ほしみみ

私は写真をガンガン出していました。もし男性が写真を掲載していないなら会わないです。ただ、顔の一部を出している人は年収が1000万円超えていたので、会いましたけど。よほどいい条件がないと会わないですね。

やはり、写真が重要なのは間違えなく、人は見た目で人を選びがちです。

実際に、男性は女性を見た目で判断する傾向が強いですし、女性からしても、顔写真のわからない人と出会うのは怖いわけで…。

 

だからこそ、ここの写真には出来たら、自分の写真を利用されることをおすすめします。

松尾
Foodieは自分の撮影した写真を色々と加工することができるアプリです。 いや、さっき、「写真を加工するな」って言いましたけど、顔をプリクラやSNOWで盛るのはよくなくて、明るさ調節くらいなら、むしろした方がいいです。

ちなみに具体的な写真の事例としてはこんなも感じです。

 

 

先ほどのチェックリストを満たした写真を掲載すると、やはり好感は良くなるかなと思います。

逆に以下のような写真を掲載してはいけません。も

しも掲載されていたら、相手にいいねを返してもらえなくなる確率がアップします。

 

 
あんな
基本的には安心感を与えることが大切です。特に結婚相手に求める条件として、この人となら安心できるって人に、男女共魅力を感じるので、使っている写真が本当に相手にとってプラスに映るのかを考えてみてください。

4.3. プロフィールは極力全部埋める!

プロフィール項目は極力すべて埋めるようにしてください。情報がある人とない人であれば、当然ある方が信頼できます。

細かい部分は「プロフォールの作り方」を参考にして頂きたいのですが、ポイントだけ。

 

こんな感じです。

松尾
年収や身長を少し盛るくらいなら、女性もそれはわからないから良いと答える人が多かったです。ただ、ほしみみさんのような詐称だと殺されるかもです…w
ほしみみさん

1回目のデートでは900万で、年収は自信あると言われ、この頃から気になり始めて、普通に好きになりかけていた感じで。でも、実は今年収420でみたいな話になりました。 そして、「お前殺す」とか言いつつも、結局いい感じに結婚しました。 ベンチャーの会社が成長すると思っていたものの、あまりうまく行かなかったようです。

 

なお、プロフィールの記述欄がありますけど、こちらもしっかりと埋めることをお勧めします。

 

 

松尾
この中でもビジョンです。最後の将来どんな未来を作りたいのかを書いておくのはおすすめです。理由は、人は将来のビジョンに憧れることでついていきたいとか、ファンになるからです。暗くて、将来どうでも良いって人に誰が興味持つかって話で。

5. マッチングアプリのいいねの送り方とマッチングのコツ

ここからマッチングアプリで出会える確率を高めるための「いいね」と「マッチング」のコツについて解説します。

「いいね」が無限に送れるアプリもありますが、多くのアプリでは1ヶ月に送れるいいねの数が決まっています。

 

最悪、30いいね送って誰ともマッチングしないとかもあるわけで。

マッチングアプリ最初の挫折ポイントはここです。

 

「いいね」を送ってもマッチングしないという方は多いです。

男性のマッチング率は私の感覚では5人にいいねを送って、1いいね返ってきたら良いかなという感じです。

 

ただ、誰にいいねを送るかによってマッチング率が変わるので、マッチング率にはあまり意味がありません。

いいねの数が多いからいいってわけではないのです。

 

大切なのは、自分の求めるタイプの異性とマッチングすることです。

例えば、あらかじめ「ポケモン好き」と繋がりたいという場合は、「ポケモンが好きな人と繋がれるか」が重要です。

いくらたくさんの人とマッチングしても、ポケモン好きの人がいるとは限らないわけで。

 

とはいえ、マッチングアプリでいいねを送ってマッチングしないと始まりません。

いいねを送る際のポイントはこれです。

ほしみみさん
ペアーズを使って相手にいいねを送る場合は、最初に、東大、京大、九州大学などのいわゆる頭のいい大学のコミュニティを探して、集中的にいいねを送っていた記憶があります^ ^

6. マッチングアプリのメッセージ交換のコツ

ここからはマッチングアプリのメッセージ交換のポイントをサクッと解説していきます。

6.1. メッセージ交換で異性を誘うまで何通くらい出す必要があるのか?

メッセージ交換で異性を誘うまでに、何通くらいのメッセージを出したのかを調べたところ、以下のようになりました。

この10通以上のメッセージ交換で相手に会いたいと思わせる必要があるわけです。

では、具体的にどうしていけばいいのか解説します。

 

6.2. メッセージ交換で意識しておきたいポイント

では、メッセージ交換のコツをご紹介していきます。

細かいメッセージ交換のポイントは「マッチングアプリのメッセージ交換のコツ」を参考にしてください。

 

6.3. 1通目のメッセージで好感を持ってもらうコツ

かなり重要なポイントなので、1通目のメッセージのコツだけ解説します。メッセージ交換で一番大切なのは、「この人と会いたい」と思ってもらうことです。

松尾
一般的にはいいねした理由まで書く人は少ないので、印象に残すことができるというメリットがありますよ。
 

6.4. トークの内容は?

主にマッチングアプリのメッセージ交換で行うメッセージの内容は下記の通りです。

初デートに誘い出すまでに2〜4つくらいの話題を振ってみることをお勧めします。

なお、長文で発言したり、メッセージ内でたくさん会話をしてしまうと会話が詰まってしまうというリスクもあるので、注意が必要です。

 

6.4. 7〜10通目あたりで会うことを提案する

7通目から10通目あたりで出会うことを提案します。

基本的にここを誘うのは男性なんですけど、女性が誘っても男性は全然問題ないと思います。

 

むしろ、そうやって積極的な人はほとんどいないので、差別化になるので、男性からしても記憶に残る存在になる気がします。(元からモテる人だったらそんなことはないですが…)

 

で、初デートを提案するときの4つのポイントは以下の通りです。

 

特にお店はすでに知っているお店の方が安全かなと思います。

もっとも食べログなどの評価を見たら、ある程度なんとかなるでしょうけどw

松尾
で、記憶に残るようなお店がベストです。高級すぎるお店に行っても良いですけど、2回目がある保証はないです。

あと、意外とファミレスはよくないかなって男性は思いがちかもですが、逆にガヤガヤとしている方が気が楽になるという意外な意見もありました。 居酒屋も落ち着いているよりはガヤガヤした方が確かに楽かもしれません。 そして、スタバという回答が意外と多かったです。

あんな
行きつけの居酒屋を使うことで、お互いの金銭感覚が分かり合えるという意見もありました。あと、女性からすると1回目のデートドライブは怖いので、おすすめしないです。「何されるかわからない」って恐怖が先行しがちですから。

ちなみに、初デートのアンケート調査で、「1回目にデートした時の時間と場所」、「過去の経験から1回目のデートの時間と場所のおすすめ」を調査したところ以下のようなデータが得られました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

6.5. メッセージが続かなくなる原因のチェックリスト

メッセージ交換でやってはいけないことは山ほどあります。

こういうことはやってはいけません。

他にも、経済的に会えない、地理的に会うのが難しいとわかって、メッセージ交換を辞めるという回答もありました。

 

7. マッチングアプリで出会うデートのコツ

それでは、ここから実際にマッチングアプリで出会うときのコツを解説します。

7.1. デート前日にやるべきことは?

デート前日にやるべきことについて、こちらも100名のユーザーにアンケートをとりました。すると、以下のような答えが返ってきました。

松尾
デート前、会う前に電話をするべきなのかどうかについて、個人的にはおすすめしません。長電話もやめた方が良いかなと。 理由は、実際に出会ってみて会話が合うわけでもなく、場合によっては会話のネタがなくなって沈黙の居ずらい時間を過ごすということにもなりかねないからです。
あんな
これ人によりますよね。それなりのボキャブラリーとか、話が上手い人なら問題ないですけど、会話があまり続かない人となれば、話している時沈黙が流れてしまいますからw

 

7.2. デート時は第一印象が大切です | 服装と身なりのポイント

デートは第一印象が大切です。

最初の印象が最後まで残る可能性が、後々のあなたのイメージを左右するので、1回目は服装と身なりはしっかりと意識した上で出会うようにしてください。

 

で、これに加えておすすめなのですが、プロフィール写真に掲載している服で行けるなら、それで行ってください。

 

理由は別人であるって思われるリスクを減らすことができるからです。

実際に、全然違う人が来たってなると、お互いに困惑するわけですから。

あんな
あとで、プロフィール写真を盛りすぎと言われたりしないように、信用されるためにも、写真は別人のものを使わないようにしてください。

7.3. 次も会いたいと思うなら「会いたい」と思われる努力をしよう

もしも出会った相手と次も会いたいと思うのであれば、「一緒に時間を過ごせて良かった」と思ってもらう必要があります。

そこで、100名の方にアンケートをとり、また会いたいと思う人の特徴を調査して、重複を避けてチェックリストにまとめましたので、ご活用ください。

松尾
ここには、書いていませんが、枕詞を使う人も好感を持たれやすいです。

枕詞とは、クッションになる言葉です。 「おかげさまで」とか、「ご承知の通り〜」、「〜ですが」、「ご心配かもしれませんが」、「恐縮です」とかですね。要は丁寧な言葉遣いの方がモテるということ。

逆に次はないと思われるやばい人扱いされてしまう言動のチェックリストも同じく作ってみました。

 

次がなくなる落とし穴はたくさんありますし、必ずしも一つに当てはまったからと言って次がないというわけではありません。

 

7.3. トークの内容は?

基本的にはメッセージ交換内の時と一緒です。

基本的には、マッチングアプリのメッセージ交換で、質問しきれていないところを深めたり、上記のようなテーマで、「お互いの共通点を深める」ことが大切です。

ただ、だんだん相手について知るに連れて、特に質問することもなくなってしまいます。

なので、デートする際に、新しい話題が生まれるように、新しい場所に行ったり、美術館や水族館など、目の前にあることで、コミュニケーション取れるようにすることが大切です。

 

7.4. 料金の支払い方

料金の支払い方ですが、「男性が全額奢るべき」、「男性が多めに」という意見が多いです。

男性が全額なり、多めに払うべきって人が多いという実態があります。

ただ、実際にはどんな感じで支払ったのかを調べたら、男性が全額を出すというのが約半数になりました。

 

おそらく、男としては建前では男性が多めとかって考えていても、実際に出会った時に、全額出すって人が多いのかなと思われます。

あんな
女性の皆さんはおごってもらって当然って考え方だと、相手からするとイラっと思われたり、メシモクと思われるので、ここは注意してください。
こんちゃん
実際にメシモクの女性は多かったりするので、男性の皆さんは注意した方が良いかもです。

7.5. 2回目のデートの誘い方

次のデートまでですが、出来たら1回目のデートの時に次の空いている日程を聞いてしまうことをおすすめします。

理由は、メッセージ上でやり取りするより、実際に会ってやり取りした方が思い違いすることが少ないからです。

 

メッセージ交換でやり取りしても良いですが、どうしても言葉というのは歪んで伝わることも少なくないです。

特に男性から女性へのメッセージには下心があるのではと捉えられることもあるので、結果的に2回目のデートに上手くたどり着けないってことも起きたりします。

 

なので、1回目のデートの最後に、2回目のデートのプランを一緒に考えることをおすすめします。

 

7.6. LINE交換をしよう

1回目のデートをやってみて、今後もデートを重ねたいと思えば、この初回デートが終わった時にLINEを交換することをおすすめします。

個人情報を交換することに抵抗があったという方も、1回会ってどんな人なのか知ったら、会っていない時よりは安心します。(もっとも1回目のデートで何かやらかしたらアウトです。)

 

なお、ラインのIDは男性から提示してください。今回のこの記事を執筆する際にリサーチをしましたが、男性に対して女性は「怖い」とか、「何かされたらどうしよう」と不安を抱えられていることが多いのです。

なので、IDを伝えるか、あるいはQRコードで読み取ってもらうようにしてください。

松尾
なお、もしも女性の方でLINEでも何かあると怖いという方は、Viberというアプリを提案するのもありです。

楽天が運営する比較的動きやすいアプリ。日本ではLINEが国内のシェアをとってしまいましたが…、結構機能性が良いアプリケーションです。

何か不安という場合は、最悪アプリを退会アンインストールしたら相手にデータが残らないです。

ほしみみ
ペアーズだと通知が気づきにくいのでLINEがいいって言われることもありましたが、私は本名がバレるのが嫌だったので、基本メッセージの段階ではLINE交換していませんでした。

なお、LINEの頻度ですが、基本は毎日か、2日に1回くらい。

次の予定の日までにいい感じで間を開けつつ、返信することをおすすめします。

 

7.7. 名前で相手を調べるのはありです

さて、LINEを交換するタイミングや初デートで本名を明かすこともあると思います。

その際に、この名前を使って、ツイッターやFacebook、グーグルなどで検索することをおすすめします。

 

「詮索みたいで嫌」という方であればしなくても良いですが、やはり、将来の結婚相手にもなりうる可能性があるわけで。

もしも嘘をつく人とかであれば、後々困ります。なお、調査の結果、37%の人たちはネットで検索して相手の情報を調べています。

ツイッターであれば、個人の本音とか漏れたりしたり、Facebookなら、どういう交友関係を持っているのかを調べることが出来ます。

なお、私は名前で検索したら、完全にマルチ商法で被害にあったみたいなコメントをネットで見つけて、その相手とは距離をおいたことがあります。

 

最も、情報収拾はやらない方がいいと言う意見もありました。理由としては、

  • 相手の情報を知って次に会った時になんで知っているのと疑われる
  • 何度か会ってはっきり感じられるもの以外は信用できない
  • 知りたくない情報をあえて知らなくても良い
  • 失礼になるかもなので調べていない
  • やらないのがエチケット

などという感じです。

 

7.8. デートに誘われても断りたい場合の断り方

もしも1回目のデートで相手は自分に好感を持ったけど、自分はそうではないという場合の断り方は以下の通りです。

・相手のお礼のメッセージを無視する

・相手のお礼のメッセージには返すけど、次の誘いは予定があると言って断る

Name
相手に対して「悪いな」という気持ちもわからないではないのですが、好きでもないのに、ダラダラ付き合うくらいなら、サクッと切った方が相手のためでもあり、自分のためです。

7.9. マッチングアプリの2回目以降のデートについて

2回目以降のデートですけど、時間は基本的にはいつでも構いません。

そして、デートの場所も相手との話し合いで決めたら良いです。

 

少し長めのデートをやってみても良いかもしれませんが、まだ2回目だと警戒心があることもあるので、簡単に食事という形でも良いかもしれません。

 

8. マッチングアプリで出会った異性に告白するコツ

ここからはマッチングアプリで出会った人と告白する、お付き合いするフェーズです。

8.1. お付き合いに発展するきっかけ

 

逆にお付き合いしなかった人の特徴をアンケートで取ると以下のような結果が返ってきました。

 

松尾
誰かと上手くいかなかったからと言って自信をなくす必要はないです。私も話が合う人がいれば、話が合わない人もいます。相手の常識とか教養とか、何に楽しいと思うのかなどによっても、ここって変わるので、仮に上手くいかなくても、思い悩む必要はないかなと思います。

8.2. 告白する際に考えるべき脈ありと脈なしサイン

脈ありと脈なしについては、いくつかの考え方がありますけど、ここでは、サム・サマーズの「脈アリになる条件」を紹介します。

この中では人間というのは、基本的に周囲の人たちに流される傾向があると述べています。

この中でも脈アリから脈アリになる条件というものがあって、その中で指摘されている5つの条件は以下の通りです。

 

8.3. 告白のタイミング

告白のタイミングについては一概にいえません。

1回目に告白してゴールインしたという体験談もありましたし、私自身も一度1回目に告白して彼女を作ったこともあります。

 

この点について、アンケートの結果は以下のようになっています。

告白のタイミングは一番多いのが3回目、続いて2回目、4回目という感じです。

 

一方で、頭の中で考える理想のタイミングってどれくらいなのってことも調べてみました。

告白の理想のタイミングとしては3回目が56%ということで、とりあえず、1回目、2回目で信頼関係を掴んで、3回目で告白をするあたりが多くの人が理想と考えているタイミングと言えます。

 

8.4. 女性からの告白はありか?

女性から「好きです」ということに抵抗がある方も多いと思います。

そこで、アンケートでマッチングアプリのユーザーがどのように考えているのか調べた結果は以下の通りです。

 

使っているユーザーさんの声をみても全然ありであることがわかります。

ちなみに、男性目線で言えば、イケメンであれば告白されることは多いかもですけど、普通の人は告白されるとか少ないです。

そう考えると、逆にストレートに言った方が良いかもしれません。

 

8.5. 告白の場所は?

告白の場所はどこが良いかですが、ぐるなびウェディングの最新婚活事情調査によると、プロポーズは夜景の綺麗なレストランが良いということが明らかになっています。

出典:ぐるなびウエディング最新婚活事情調査

8.6. マッチングアプリを退会する

お付き合いすることになったら、退会することをおすすめします。  

これは、相手に対して退会しないのは失礼です。Yahoo!知恵袋で、「せっかくお金を払ったのに勿体無い」って言っている男性の質問があったのですが、さすがに、それはダメです。

 

相手を大切にする気がないって言っているのと一緒なわけで。  

なお、男性の言い分はこんな感じです。

 

  • いろんなタイプの女性と遊ぶ時の反応
  • サンプルを集めたいから
  • 次のお相手探しの保険をかけたかった
  • 研究のため
  • 見聞を広めるため
  • 友達を探すため

 

もちろん、告白していない状態であれば、ありかなとは思うのですが…実際に、「違う」と思うケースも何度かのデートで感じることはありますから。

アンケート調査の結果は以下の通り。

告白しても続けるというのは明らかに不誠実な対応なので、辞めた方がいいというのは事実でしょう。

 

9. 【図解で解説】目的別マッチングアプリおすすめ診断

それでは、ここからあなたにあったおすすめのマッチングアプリを紹介します。

ざっくりと、マッチングアプリは、遊び友達目的のアプリ、恋活向けアプリ、婚活アプリの3つの種類があります。

一応、大まかな年齢層と真剣度をまとめましたけど、例えば、20代が多いアプリでも40代とかが結婚したって話もあって、必ずしもこの表が全てではありません。

そこで、少しでもあなたの状況に合うマッチングアプリを見つけるためのフローチャートを作り、そこから下記の診断機能を用意しました。

診断したらおすすめのアプリのページに飛びますので、チェックしてください。

Q1
あなたに該当するものを教えてください。

なお、他のマッチングアプリと比較した表をみたいという方はこちらからどうぞ!

マッチングアプリの比較表を見るならこちら

 

10. おすすめのマッチングアプリ15選

先ほどの診断結果で表示されたマッチングアプリはもちろんのこと、他のマッチングアプリも知りたいという方は参考にしてみてください。

以下のよりタップすると該当するアプリの説明が表示されますので、先ほどおすすめとして表示されたアプリをチェックしてみてくださいね。

Pairs タップル Omiai youbride with
ゼクシィ縁結び イヴイヴ マッチドットコム マリッシュ クロスミー
ゼクシィ恋結び dine 東カレデート ペアーズエンゲージ ブライダルネット

※ブラウザ版と表示されていたら、PC(パソコン)でも使えます。

10.1. 会員数No1!都会から地方・田舎まで出会えるペアーズ(Pairs)

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

海外展開もしているペアーズ(Pairs)は株式会社エウレカが運営するマッチングアプリ。 20代中心とはいえ、会員数が多いということもあって、30代から50代の結婚報告や恋人になった体験談があるので、迷ったらとりあえず、このアプリを使っていたら問題ありません。

一番の特徴は、コミュニティの数。毎日多数のコミュニティが登場していて、新海誠好きやハリポタ好き、ポケモン好き、他にもA型、B型、佐賀県在住など多数のコミュニティがあり、かなりニッチな趣味で出会うことが出来ます。

口コミと評判、体験談はこんな感じ。

 

10.2. とにかく量で勝負したい!20代前半の方におすすめのタップル誕生

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

サイバーエージェントが運営するマッチングアプリ、タップル誕生。マッチング数が最も多いのがこのアプリの特徴で、上場企業が運営していることもあって、安全安心に利用可能です。

24時間以内にデートできる異性を見つけるおでかけ機能やタップルと提携しているお店のデートコースを50%OFFで利用できるなど、他のマッチングアプリにはない機能が多数搭載されています。

さらに、タップルでは企業の商品やサービスを利用することで、無料で有料会員の機能を利用できます。U-NEXTに登録したり、楽天カードを作ったりするだけ。他にもガチャ機能があり、運が良ければ、100年分使い放題という当たりを引いて100年利用できます。

全体的には20代が多めで友達作りや軽く恋活している方が多いですが、ここから結婚に発展するケースもあるようです。今伸びているマッチングアプリです。

10.3. 徹底した業者対策!安定の美女!真剣度の高い!Omiai

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Omiaiはペアーズと同様2012年に登場したマッチングアプリで、国内では3位の会員数350万人を誇るマッチングアプリです。ややマッチングアプリの中では料金が高いのですが、美女が多いと評判の本アプリ。

このアプリでは、イエローカードを危険人物に送ることができ、ヤリモクや既婚者、ネットワークビジネスなどの勧誘が活動しにくいという特徴がります。年齢層で言えば30代以降の方が多めで、婚活に対して真剣な人たちが多い傾向があります。

10.4. 30代から50代の方におすすめ!婚活意識が高く実績豊富なyoubride

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

youbrideは2001年からサービスを提供しているマッチングアプリです。男女共課金ということもあって、真剣度の高いユーザーが集まることで有名で、30代から50代の方が多く登録しています。

掲示板で多くの質問が投げられ、それに対する答えが回答されています。どうしても年齢が上がるに連れて婚活に関してわからないことも出てくるのですが、細かい質問に対して運営陣が答えを用意していますので、恋活や婚活が不安な方は重宝します。

婚活意識の高い人たちが集まる中高年向けのマッチングアプリですので、この世代の方にはおすすめできます。 Youbrideというマッチングアプリでは、3ヶ月以内に成婚退会した人が57%というデータを発表しています。

10.5. 心理学で賢く出会える仕組み!2つの贅沢保証がついてくる!with

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

本サイトで一番おすすめのマッチングアプリwithはメンタリストDaigo氏が監修していて、心理学を悪用して徹底的に出会えるための仕組みを詰め込んだマッチングアプリです。占い感覚でできる相性診断、モテ度チェック機能、漫画によるわかりやすい使い方の解説など初心者が出会うために必要なものがしっかり入っています。

さらに、素晴らしいのは、恋活成功保証と安心保証。万が一恋活に成功した場合、体験談を提出することで残りの料金が返金される仕組みや、万が一出会えなかった場合は、延長してマッチングアプリを利用できるという、まさに神対応!

オプションサービスも他のマッチングアプリと比べると、内容がしっかりとしているだけに、課金の価値がある内容になっています。

開発元:株式会社イグニス

出典:株式会社シェアードリサーチ・アナリストレポート

 

10.6. 顔写真掲載率100%!保証ありでガチ婚活意識の高い人のためのゼクシィ縁結び

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ゼクシィ縁結びは、男女共両方が課金しないといけないリクルートのマッチングアプリで、男女共に婚活意識の高い人たちが集まります。顔写真の掲載率が100%のマッチングアプリ。18個の価値観診断がついていて、あなたに似た価値観の人を心理学に基づいた診断結果で紹介してくれます。

さらに、このアプリには婚活成功保証がついていて、万が一期間内に婚活が終わらなかった場合は申告することで無料で延長することができます。

真剣度の高い男女が集まるという観点でも真剣に婚活したい20代後半の方におすすめのマッチングアプリです。

 

10.7. シンプルで超使いやすい!みんな顔写真ある!温度感高めのイヴイヴ

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

イヴイヴは運営側と利用者の両方の審査を経て利用できる完全審査制のアプリです。なので、顔写真の掲載率は100%となっていますし、実際に出会った時と写真の顔のギャップが少ないと言われるマッチングアプリです。

このアプリはキャンペーンや診断機能などはなく非常にシンプルな作りとなっていて、それゆえに非常に使いやすいという口コミが多いです。さらに、漫画による解説が丁寧で、何かわからないことがあった場合は質問で個別で返信をもらえるという神対応!

完全審査制ということもあってか恋活・婚活意識の高い人たちが多いので、真剣に恋活・婚活したいという方にはおすすめのマッチングアプリです。

10.8. 婚活意識高めの人たちが集まるマッチドットコム

previous arrownext arrow
Slider

海外のマッチングサイト、マッチドットコム。会員数が187万人と国内の中でも会員数が多く、結婚をしたカップルのうち、44%が交際から1年で結婚しています。さらに、60%がメール交換をしてから1ヶ月以内に交際しているアプリ。

多くのマッチングアプリでは女性は無料ですが、このマッチドットコムでは男女共に有料です。なので、婚活意識の高い男女が集まっています。年齢層がマッチドットコムは20代後半から40代がやや多いことも関係しています。

マッチドットコムでは、宗教や信条など、かなり個人の価値観に関わるプロフィール項目があります。これによって、細かい部分まで異性と考えを照らし合わせることが可能です。

10.9. 離婚歴ありの方の救世主!細かい価値観を合わせてマッチングできるマリッシュ

previous arrownext arrow
Slider

シンママ、シンパパ、バツイチなど離婚歴があるの方向けのマッチングアプリのマリッシュ。バツイチの場合、なかなかいいねがつきにくい、仮にマッチングしても出会えないという悩みを抱えている方が多かったですが、そのニーズに答えるマッチングアプリです。

離婚歴がある方に配慮のある設計になっていて、全体的には30代から40代の離婚歴がある方が多めです。写真の掲載率はやや低めではありますが、音声通話や動画プロフィールなどで、お互いの価値観や内面を知り合える工夫がしっかりとされていて、さらに、マッチングアプリの中でも料金は安いです。

 

10.10. すぐ会える!顔面偏差値高め!フットワーク軽めのCROSS ME

previous arrownext arrow
Slider

CROSS ME(クロスミー)はサイバーエージェントが運営するマッチングアプリ。すれ違いで出会うということをコンセプトにしたアプリで、近くにいる人とすれ違いで出会うことが可能です。近くにいる人をGPSで検索して、すれ違いで出会うことができます。

メッセージ交換をしたり、わざわざお相手を検索するのが面倒という場合にはおすすめできます。さらに市町村単位で相手のお住いを表示してくれますので、その観点でもおすすめです。

田舎ではおすすめできないですが、会員数も50万人と今増えつつあるアプリでして、各都道府県の主要都市にいるとかなりの人数の人とすれ違いすることができます。

10.11. リクルートゆえの安心と、遊びではない軽い恋活からスタートできるゼクシィ恋結び

previous arrownext arrow
Slider

ゼクシィ恋結びはゼクシィ縁結びと同様にリクルートが運営しているマッチングアプリです。縁結びが婚活を意識しているのに対して、こちらはどちらかというと恋活色の強いマッチングアプリになっています。

男女比が1:1なので、ペアーズやOmiai、タップルなどの様に、競争が激しいわけではないです。さらに、ゼクシィ恋結びは検索機能がしっかりしていて、「機械学習」や「つながり検索機能」の二つの機能があります。

機械学習と言うのは、検索した条件や過去のいいねをした相手の情報を元にあなたにあった人を探してくれる。そして、画面に表示してくれます。

繋がり検索機能は、GPS情報を使って、設定した距離の範囲(5km/25km/50km)にいる異性を抽出。さらにそこから、趣味や出身地など共通点の多い人を選んで紹介してくれます。そういう意味では極力共通点のある異性と出会いやすいと言えます。

 

10.12. 東京・大阪のみ!メッセージより先に飯食って話したい!圧倒的美女の集まるDine

previous arrownext arrow
Slider

2017年11月から日本でもリリースされた米国初のレストランデートマッチングアプリDine。「人の本当の魅力は会ってみないとわからない」をコンセプトとしていて、メッセージ交換よりも最初に食事をすることが可能なデーティングアプリです。

多くのマッチングアプリでは、「いいね」を送りますが、こちらは「お店の候補」を3つの選択肢の中から選び異性に提案します。東京と大阪でしか利用できない、やや料金が高めという口コミもありますが、すぐに出会える、美女が多い、友達招待で7日間無料で利用できる点が魅力です。

2019年4月には、会員専用のリアル店舗として、Snack Dineを東京の恵比寿に開店して、オフラインに力を入れているのが特徴です。

10.13. とにかく美女に出会いたいハイスペック層向けアプリ!東カレデート

previous arrownext arrow
Slider

ハイスペックな年収500万円以上の男性や、厳重な運営と会員のダブルチェックを受けた女性しか登録することができないマッチングアプリ。難関大学を卒業して、有名企業やベンチャー企業の優秀なエリートたちが多数集まるのがこのアプリの特徴です。

港区に会員が集中していて、圧倒的に美女が多いです。マッチングアプリ自体も上質な感じが出ていて、完全にブルジョア向けのマッチングアプリと言えます。男性の数が少ないので、マッチングアプリにしては珍しく、男性が選べる立場になっています。

「年収500万以上の上場企業の社員、経営者や医師、弁護士、会計士など社会的にステータスの高い地位にいて、美女を奥さんにしたい男性の方」は使ってみる価値ありです。

 

10.14. 1年以内に結婚したい方におすすめ!ペアーズエンゲージ

previous arrownext arrow
Slider

ペアーズエンゲージはペアーズの運営会社エウレカが提供する本気で結婚したい方向けの結婚コンシェルジュアプリです。

1ヶ月に30名の結婚相手の候補を紹介してくれ、短期間で多数の出会いがあるのが特徴です。さらに、専属の結婚コンシェルジュがあなたを24時間365日サポートしてくれます。

登録から最大14日間は月会費が無料。さらに、最初の課金から90日以内に1人もいいねを送りたい相手がいない場合は、入会費と月会費を全額返金してもらえます。

 

10.15. 30代〜50代でサポートが手厚いアプリを使いたい方!ブライダルネット

年間6,132組の成婚実績がある大手の結婚相談所、IBJが運営する婚活サイトです。ブライダルネットは、出会った方の3人に1人が入籍または婚約している、結婚に真剣な婚活サイト

有料なので、真剣度の低い会員は集まりにくく、マルチ商法や遊び目的の人たち、結婚を考えていない人たちは基本的にはいないと考えてOKです。ブライダルネットは月額1,950円を男女ともに支払う仕組みなので、真剣なユーザーを集まりやすいです。

さらに、結婚相談所のプロのコンシェルジュがマッチングしやすいプロフィールづくりや好印象を与えるコツを教えてくれますので、失敗もしにくいですよ。

 

11. 主要マッチングアプリ比較

主要なマッチングアプリを比較してみました。

  目的 料金 年齢層 会員数 顔写真 DL及び詳細

ペアーズ

恋活・婚活 3,480円 20代〜30代 1000万人

タップル

友達・恋活 3,980円 20代前半 500万人

Omiai

恋活・婚活 3,980円 20代後半〜30代 400万人
youbride 婚活 4,300円 30代〜50代 189万人

with

恋活 3,600円〜 20代前半 113万人

ゼクシィ縁結び

婚活 4,300円 20代後半〜30代 100万人

イヴイヴ

恋活・婚活 3,700円 20代 80万人

マッチドットコム

婚活 3,980円 30代〜40代 ???

マリッシュ

婚活 2,980円 20代後半〜40代 ???

CROSS ME

友達・恋活 3,980円 20代前半 50万人

ゼクシィ恋結び

友達・恋活 3,480円 20代前半 ???

dine

友達・恋活 6,500円 20代後半〜30代前半 ???

東カレデート

友達・恋活 6,500円 20代後半〜30代 ???

ペアーズエンゲージ

婚活 9,800円 20代後半〜40代 ???

ブライダルネット

婚活 ??? 30代後半〜40代 ???

 

※PC版の方は画面をスマホサイズにしたら、横にスクロールできます。

 

12. 身バレは?恥ずかしくない?おすすめプランは?同時併用ってあり?Q&A

最後にマッチングアプリに関するよくある質問にお答えします。

身バレしませんか?

アンケート調査の結果、約67%の人たちは身バレを警戒しますけど、実際に知り合いを見つけたのは全体の2割です。

 

そして、使って、職場や学校、サークルなどでマッチングアプリを使っていることを指摘されたという方の数は以下のようになりました。

 

 

あんな
意外なことに、「知り合いを見た」という人たちが2割いたものの、使っていることを指摘されたり、バレたりしたという方はたった2%だったのです。
ほしみみ
私も特に身バレすることはありませんでした。Facebook連携などもあって、あまりいないのかなと。知り合いであっても似ているとかそういうレベルです。

この結果から見ると、身バレを恐れる人たちは多いものの、実際にはバレるという現象がおきているかというとそうではないことがわかります。

 

なお、マッチングアプリで身バレを絶対防ぎたい場合は、

  • Facebook連動型アプリ(ペアーズ、Omiai、with、ゼクシィ恋結び、CROSS MEなど)を使う
  • 写真を工夫する
  • 知り合いを見つけたら即ブロックする

というような方法があるかなと思います。

>> マッチングアプリで身バレしない方法

 

マッチングアプリの婚活は恥ずかしい?お人様に言えない?

マッチングアプリですけど、結構これで出会ったことを伝えられないという人は多いです。

 

マッチングアプリで出会ったことを伝えない層が全体の7割です。実際に、マッチングアプリでの出会いについては以下のようなネガティブな声がありました。

 

 

この件についての具体的な対処法は下記の通りです。

 

数で言えば、嘘をついたり、ぼかしていうという方が8割くらい、残り2割は正直にネット、マッチングアプリで出会ったという感じです。

 

と言っても、マッチングアプリの出会いとリアルの出会いってきっかけが違うだけです。

実際に出会ってみると、「普通の人」なわけで。(たまに、やばい人たちもいますけど)

 
松尾
最近だと、「まだ結婚できない男」などのドラマでも、婚活アプリがメディアやドラマでも取り上げられているので、気にしなくて良い時代も近いのかなとは思います。相手によりますが…。

 

追加課金の必要性は?

ないです。一応追加課金した人がどれくらいいるのか調べたら以下のようになりました。

追加課金した人は全体の15%。

基本的にはプロフィールとメッセージ交換のコツを押さえる方が先決かなと思います。

 

マッチングアプリのおすすめプランは?

おすすめのプランは初心者の方は6ヶ月プランをおすすめします。理由は、最初は使い方がわからず苦労することがあること。もう一つは、なかなか最初からお目当の異性と出会えないからです。

 

3ヶ月以内で付き合いたい異性を見つけられるって話もありますけど、価値観とかライフスタイルなど判断するなら、もう少し時間はかけた方が良いように思います。

もちろん、1回目で結婚に発展するような異性を見つけることができるってこともありますが、現実問題、そうはうまくいきません。お付き合いしても別れることもありますからね

あんな
もしも1回他のアプリで慣れているなら、1ヶ月または3ヶ月プランで良いかなと思います。

マッチングアプリは同時併用すべき?

マッチングアプリの同時併用についてですが、私たちの考えでは、女性は無料のものに限りやっても構わないとは思いますが、基本はおすすめしません。

多くの企業サイトが「同時併用が当たり前」と推奨しているのは、アフィリエイト報酬が多く入るためです。

 

確かに同時併用で色んな異性を見つけるきっかけにはなるでしょう。もちろん、登録している人の属性を見る分にはいいですけど、顔だけみて何がわかるという話で…。

あるサイトは3つのアプリに登録して自分にあったものを使えばいいと言いますが、それは要するに、その人にあったアプリをちゃんと指摘していないわけで。

あんな
正直、一つのマッチングアプリでプロフィールをしっかりと埋めることで、どのマッチングアプリでも出会えないことはないです。同時併用で複数のアプリを使って中途半端になるなら一つに絞るべきかなと思います。

シングルマザーでも出会えるのか?

出会えます。「東京で婚活するならこんな風に-サバイバル50の極意」という書籍では、バツ2の女性の体験談や戦略が細かく書かれているのですが、参考になると思います。

クーリングオフは可能なのか?

クーリングオフはできないです。返金保証が欲しいという場合、マッチングアプリwithに関しては、ある条件を満たしていたら、返金されます。

ヒモ男でも出会えるのか?

ヒモ男でも出会えたという声はなかったです。あれば教えてください。追記します。

アラサーやアラフォーは出会いにくいのか?

アラサーやアラフォーが出会いにくいってことはないです。実際に、ペアーズやyoubrideなどの体験談をチェックすると、かなりたくさんの体験談が掲載されています。 ただ、女性の場合は若さで男性から判断されることも少なくないので、すでに述べたマナーや対人スキル、若作りしない服装などは必要なのかなと思います。

どうして男性だけ有料なのか?

どうして男性だけが有料なのって思われる男性もいらっしゃると思うので、解説します。相席屋などをみると女性がいる場所に男が集まります。 もしも女性が極端に少ないと、サクラを使う業者が出てきます。過去、テレクラとかツーショットダイヤルとかでは、無料で女性が集まらず、ほとんどの会社がサクラを入れました。 ただ、いつまでも女性が無料かというとそうではありません。結婚相談所も昔は女性は無料でしたが、徐々に男女同一料金ってところが増えてきましたし。 マッチングアプリでも同一の料金の時代がくるかもしれません。実際に運営歴の長い、youbride、マッチドットコムは男女両方課金という仕組みを取っています。

大学生がマッチングアプリを使うのはおかしい?

特におかしいことはないです。

近場で出会えるのか?

近場かどうかは一概には言えないです。例えば、同じ県でも出会いにくい場所にいたってことは普通にあるので。 ですが、GPS機能を使って、何キロメートル以内という形で検索できるアプリもあります。ペアーズ、ゼクシィ恋結び、CROSS MEとかが該当します。 これらを使えば比較的近場で出会えるかもです。

遠距離でも出会えますか?

出会えます。実際に利用者に尋ねた結果、全体的には出会えると思われた方が多かったです。

調べてみると、海外在住の日本人と国内の日本人がペアーズでマッチングしたって体験談もありましたので、出会えないってことはないかと思います。

将来性は大丈夫ですか?

最初にご紹介した、ペアーズを運営する株式会社エウレカの調査では、満足度という観点では、マッチングアプリが高いという結果になっています。

女性は30代以上、中高年でも出会えるのか?

出会えます。実際に、Omiaiやyoubrideなどの年齢層が高めのアプリには30代や40代、場合によっては50代も登録していますので、問題ないです。

ドタキャン後ばっくれられた。どうしたら良い?

あきらめましょう。

 

13. おわりに

今回はマッチングアプリについて詳しく解説してきました。

マッチングアプリは恋活・婚活の手段としては比較的安く行える恋活・婚活ツールです。

仕事の休みの時とか、電車の中など、サクッとメッセージ交換したりチェックできるのも魅力で、街コンやお見合いパーティのように時間やお金もそこまでかからない点では魅力かなと思います。

 

このメディアでは、「素敵な出会い」に繋がる情報を発信しています。

あなたがマッチングアプリを使って素敵な人と出会えるようスタッフ一同願っています。


1 個のコメント

  • すごくわかりやすかったです。ちょうど、なかなか出会えないなと思い、ここにたどり着きました。じっせんしたらうまく行きました。ありがとうございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です